教育訓練給付金制度

 教育訓練給付制度(一般教育訓練)とは 

一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、実際に支払った教育訓練経費の最大20%に相当する額(上限10万円)がハローワークより支給される制度です。

 教育訓練給付の条件 

  • 初めて利用する方は

雇用保険の一般被保険者であった期間が通算1年以上あれば利用できます。

  • 以前、利用したことがある方は

前回の利用から、受講開始日までに雇用保険の一般被保険者であった期間が通算3年以上

あれば利用できます。ただし、前回の受給時期によっては、受給から一定期間の経過が必要となる場合があります。詳しくはハローワークにてご確認ください。

なお離職されている方は、いずれの場合も一般被保険者でなくなった日から1年以内であることが条件となります。

「教育訓練給付制度」の詳細につきましては厚生労働省のホームページ【教育訓練給付の支給申請手続きについて】をご覧になるか、お近くのハローワークまでお問合せください。

 おすすめポイント 

教育訓練給付制度

※ご入校前に教習料金を全額お支払いいただきます。給付金は卒業後ハローワークに申請したのち支給されます。

■給付対象額に修検・卒検・仮免手数料・写真代・収入証紙代は含まれておりません。

■追加料金:規定を超える技能教習の延長と補習料金及び再検定料

■講座を利用する場合はキャンペーン等の割引はございません。

■途中で退所された場合は教育訓練給付金制度の対象となりません。

■教育訓練給付金制度は入所前にお申込ください。入所後の教育訓練給付金講座への切り替えはできません。 

 

 給付までの流れ 

  1. ハローワークにて教育訓練給付対象者としての資格確認をしてください。ハローワークが配付する「教育訓練給付金支給要件照会票」にご記入後、ハローワークに提出。その後、発行される「教育訓練給付金回答書」にてご確認ください。
  2. 当所にて教育訓練講座を受講する旨を申し出ていただき入所手続きを行います。
    ※ご入金後、当所より発行する領収書を大切に保管しておいてください。

  3. 当所の指定講座を受講・修了されますと教育訓練修了証明書を発行いたします。

  4. 受講修了の翌日から1ヶ月以内にハローワークに書類一式を提出し申請します。

    必要書類(教育訓練給付金支給申請書、教育訓練修了証明書、領収書、本人確認書類、

    雇用保険被保険者証、払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード)など。

  5. 審査後、ハローワークよりご指定の口座へ給付金が入金されます。

※当所における講座の教育訓練経費とは入学金、授業料、夜間料のことをいい、
技能教習の延長料及び補修料、短期料、各検定料、仮免手数料、写真代は含まれません。