企業向け安全講習

 

交通事故は企業損失です。ドライバーの事故防止教育にお役立てください。

コンピューターによる
ドライバーの運転行動を客観的に解析・評価

運転技能自動評価システム(オブジェ)は自らの運転行動や危険予測能力を測定し、安全運転能力のレベルアップを目的としています。

Objet(オブジェ)システムの特徴

ドライバーの運転技能を客観的に自動評価
評価する人間側の主観が入らずに、ドライバーの運転行動を一律に客観評価が可能です。
ドライバーに簡単装着。ドライバーに応じた調律は不要。
センサーを頭、右足、車輌の3カ所に装着するだけ。(簡単装着)
専用車輌は不要、どんな車にも装着可能です。
本システムは、ドライバーの運転動作を計測するので、各企業様で使用する車輌でも実施可能です。
各企業様、事業所様向け出張講習が可能です。
企業様、事業所様が普段利用されている交通状況での評価が行えます。
報告書を簡単作成
運転管理者様、安全運転管理者様、ドライバー様に診断報告書の作成が可能。日常業務に即活用ができます。

ドライバーが気づかなかった
運転行動を瞬時に診断。

交通事故は企業損失、イメージダウンにもつながります。
事業所、団体所属ドライバーの事故防止教育にお役立てください。

  • 頭のセンサーで安全確認の有無や確認範囲、回数などがわかります。
  • 右足センサーでは、必要な状況でのブレーキの構え「危険予測」が出来ているか否かがわかります。
  • 車輌センサーは、実走行速度を計測しドライバーの主観的な「安全速度」と比較します。
  • ドライバーの運転行動をグラフ表示するため、本人では気づかない癖を知る事ができます。

ドライバーズドクター「オブジェ」を活用した安全運転講習の実用例

企業全体の安全運転意識向上(企業内の社員研修)
運転管理者、安全運転管理者が自社ドライバーの個癖、悪癖、問題習慣の把握とその管理指導に役立ち、日常業務への負担を軽減。
ドライバーの運転行動を評価診断、改善ポイントを提示することで交通事故の予防が可能。
従業員の案ぜぬン典意識の醸成と運転技術向上に貢献。
交通事故の現象による自動車保険料や事故処理費用等の軽減効果。
バス、タクシー、トラック等のプロドライバーへの再教育
長年の運転によって洗われる個々の癖、問題習慣へのアドバイス。
普通車から大型車(バス・トラック)まであらゆるドライバーに対応可能な為、運行管理者が本講習の結果を分析することで、社員の運転技能を客観的に把握することができ、事故防止が可能となります。
高齢ドライバー研修
高齢ドライバーの安全確認行動・安全運転行動・危険予測の見直し、ドライバーが気づかなかった運転行動を診断し安全運転行動を再認識していただきます。
比較機能を使い過去の運転データと現在の運転データとの比較が可能です。