高齢者講習

 

高齢者講習予約状況

6月16日更新

 

——平成29年6月15日17時現在 予約状況——

 

●75歳以上の方は、6月26日以降

 

●74歳以下の方は、6月28日以降

 

の受講見込みとなります。(申込状況で変動しています。) 

なお、詳細については、直接下記まで電話連絡をして下さい。

 

あみの自動車教習所 0772-72-2633


 

高齢者講習を受けられるみなさまへ

「きこえ」や「からだ」にご心配はありませんか?
無料で受けられる測定会などを、下記にご紹介します。
(チラシをクリックすると、大きな画像が出ます)

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

きこえとからだの測定会

コラボ企画_ページ_1 コラボ企画_ページ_2
ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
「骨」や「からだ」の健康チェック
ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
きこえのセミナー

きこえのセミナー1  きこえのセミナー2


高齢者講習とは?

高齢者講習のご説明をさせていただきます。

詳しいことは教習所までお問い合わせ下さい。

高齢者講習流れ


軽自動車(AT/MT)の使用が可能です。

ご希望の方は当日職員にお申し付けください。
高齢者講習のご案内
高齢運転者は自動車の運転のベテランです。しかし、年齢とともに視力や体力、記憶力や判断力などが変化し、若いときと同じではなくなってきます。そうした体の変化を理解し、変化に応じた運転を行うことで安全運転を続けることができます。 現在、70歳以上の運転免許取得者には、免許証更新時に「高齢者講習」を受講することが義務づけられています。この講習は、視力や運転操作につき問題がないかを診断したり、実際に車を運転したりしながら、自身の運転技能についての認識・理解を深め、その後の安全運転に活かしていただくためのものです。また、75歳以上の方が免許証を更新する場合には、高齢者講習の前に「講習予備検査」を受けることが義務づけられています。講習予備検査は、記憶力や判断力を測定する検査で、同じ日に、その結果に応じて、従来よりもきめ細かな高齢者講習を実施します。
 
高齢者講習の内容

高齢者講習はこれからの皆様方の安全運転をサポートさせていだだくもので、内容は座学と運転適性診断(検査器と実技による)からなる講習です。

その結果から担当指導員が助言、指導をさせていただくもので、試験ではありません。
講習車両に軽自動車を導入しましたので、気軽な気持ちで受講できます。
   
 ●高齢者講習の対象になる方
  運転免許証の有効期間満了日の年齢が満70歳以上で免許を更新される方。
 
 ●講習予備検査及び高齢者講習の対象になる方
  運転免許証の有効期間満了日の年齢が満75歳以上で免許を更新される方。
 
 ●受講期間
  免許証の有効期間の満了する年の誕生日5ヶ月前から誕生日後1ヶ月後までの6ヶ月間
 
 
講習内容など
 講習予備検査
  ● 今日の年月日、曜日、今の時刻を書いていただきます。
  ● いくつかの動物や果物などの絵を見て覚えていただき、その後、
     覚えているものを記入していただきます。
  ● 時計を描いて、ある時刻の針を書き入れていただきます。
 
 高齢者講習
  ● ビデオなどで、交通ルールを再確認します。
  ● 機械を使って、動体視力や夜間視力などを測ります。
  ● 車を運転して、指導員から助言をさせていただきます。
  ● 危なかった点などを話し合います。
 
 
 受講時間(3時間)
  ● 午前の部( 9:10~12:10) ※ 8:50集合です
  ● 午後の部(13:10~16:10) ※12:50集合です
 
  講習終了後に「終了証」を発行します。
  ・終了証は運転免許証の更新時に必要となります。
  ・運転免許証の更新日に、お忘れのないようにお持ちください。
 
 

当日お持ちいただくもの

 ● 高齢者講習又は、講習予備検査及び高齢者講習のお知らせ のはがき
 ● 運転免許証
 ● 認印
 ● 講習手数料
   5,600円(74歳以下の方)
   5,850円(75歳以上の方)
 ● 眼鏡等(必要な方)
 
  ※運転実技がありますので、運転のしやすい服装でお越しください。
   サンダル不可。
 
 
お申込み方法
 公安委員会より「高齢者講習のお知らせ」または「講習予備検査及び高齢者講習のお知らせ」のどちらかのはがきが届きます。おハガキをご用意のうえ、電話にてご予約ください。
 
  
電話:0772-72-2633